訪問看護[24時間体制]

 在宅療養をしている、寝たきりまたは寝たきりに準ずる状態にあるご高齢者、ターミナル期の方、精神障害者、重度身体障害者等が、住み慣れた地域社会での生活の質の維持・向上をめざし生活できるよう、病状などの観察や療養上のお世話等を実施または助言し、ご本人およびご家族を支援していく看護サービスを提供いたします。

介護保険制度において、寝たきり等常時介護を必要とする状態になった方(要介護状態)や、家事や身支度などの日常生活に支援が必要となった状態の方(要支援状態)。
医療保険制度において、寝たきりまたはそれに準ずる状態にある医療対象者や、ご高齢者以外の難病、重度障害者、精神障害者であって、かかりつけの医師が訪問看護を必要と認めた方。
 上記に該当するご家庭で療養中の方を対象として、主治医の交付した文書による指示および、訪問看護計画に基づき、看護師、理学療法士等が直接自宅に訪問いたします。
訪問看護の内容
病状、障害、全身状態の観察
清拭、洗髪などによる清潔の保持、食事および排泄など日常生活のお世話
褥瘡や創傷の予防および処置
日常生活訓練(リハビリ訓練)
ターミナルケア・認知症患者の看護
療養生活や介護方法の援助
カテーテルなどの交換および管理
その他、在宅療養を継続するために必要な医師の指示による医療処置
本人・家族への精神的支援等